肌のはりを改善させる方法

洗顔の見直し

いつも何も考えずにしている洗顔。

 

その方法によっては、お肌のはりを失ったり、しわやたるみにいっそうのダメージを与えていることがあるそうです。

 

貴方はどのようなやり方で洗顔を行っているでしょうか?

 

メイク等の汚れをきちんと落としたいから、不必要に力を入れてゴシゴシと洗ってはいませんか?

 

実際にこのような洗い方は、お肌を傷つけてしまっているのです。

 

お肌のはりを気にしている方は、洗顔の方法を改めてみましょう。

 

お肌にやさしい美肌洗顔は、顔の形を意識してすることが大事です。

 

私達の顔はデコボコしていて丸みがあります。

 

その形に沿って洗顔することで、お肌へのダメージを軽くすることができます。

 

分かりやすく言うと、顔の内側から外側の方へ円を描く様にやさしく手を動かしていきます。

 

口元やおでこ、顎や鼻筋のラインも同様です。

 

このようにすることで、お肌を労わりながら洗顔することができるのです。

 

さらに、ゴシゴシ洗ってしまうと、髪の生え際や小鼻周りの汚れが残ってしまうことがよくあります。

 

お肌のはりまたはその他のトラブルが気になるなら、汚れを残さないことが大事です。

 

顔の形を考えながらやさしく手を動かす洗顔は、それらのトラブルを防止することが出来るのです。

 

そして気を付けたいなら、顔を洗った後タオルで拭く時にも注意が必要です。

 

洗顔と一緒で、顔の形を意識しながらタオルで顔全体を包むようにして拭き取るようにしましょう。

 

拭き取ると言うよりは、タオルに水分を吸わせる感覚でするのがポイントです。

 

やさしい洗顔方法を行って、お肌のはりを保っていきましょう。

洗顔の見直し関連エントリー


美肌に不可欠なはりを取り戻す方法をご紹介

Copyright (C) 2010 肌のはりを改善させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

洗顔の見直し